読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

Still Alive?

撮影地:愛知県渥美半島 ( 2017. 4. )

典型的

撮影地:岐阜県東部 ( 2017. 4. ) 花の色が濃く、中心の白が目立つ、植物体に微毛がある、匂いがある等、「典型的なニオイタチツボスミレ ( Viola obtusa ) 」の特徴がある株。スミレ類は似たような種が多い上に、形質の多様性が高いため、こういう分かりや…

春を感じる

シロイヌナズナ ( Arabidopsis thaliana ), 外来? 昨年発芽した株。冬の間は直径1 cm 程度のロゼットでしたが、いつのまにか葉っぱも増えて、大きくなっていました。屋内で、ペットボトルに隔離して栽培していますが、ちゃんと季節の変化を感じ取っているの…

渥美半島のダム湖

渥美半島ではもう一つお目当ての生物、ハビコリハコベを探しに某ダム湖に行ったんですが、全く見つからず・・・。 撮影地:愛知県渥美半島 ( 2016. 7. ) 代わりにはびこっていたのはハゼの仲間。なぜかものすごい密度でいました。 小さい個体ばかりでしたが…

名も知らぬ遠き国より

もう去年の話になってしまいましたが、愛知県の渥美半島に行ってきました。 バクヤギク ( Carpobrotus cf. edulis ), 外来 撮影地:愛知県渥美半島 ( 2016. 7. ) 今回のお目当てのひとつ。渥美半島の先端部に定着しているらしいです。栽培されているような株…

BMSBs feed on lamiaceae plants

クサギカメムシ ( Halyomorpha halys ), 在来 撮影地:岐阜県東部 ( 2016. 10 ) Brown Marmorated Stink Bug, Native ( in Japan ) Location: East of Gifu Pref. ( Oct. 2016. ) H. halys feeding on Thymus longicaulis. Feeding on Mentha spicata. The a…

普通種だった

ベニバナボロギク ( Crassocephalum crepidioides ), 外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2016. 9. ) 今年の春に、購入したランの鉢に混ざって生えていた株を育てていましたが、目が慣れると、うちの近所にもたくさん生えていたことが分かりました。水気の多い林縁に…

許可出ました

アジアジムグリガエル ( Kaloula pulchra ), 特定外来 特定外来生物飼育の許可が出ました~。申請書を出してから3週間位で許可証が届きました。これで手続きが終わりではなくて、これから「様式第7」に写真を付けて、また提出しないといけないらしいです。様…

追加指定

アジアジムグリガエル ( Kaloula pulchra ), 特定外来 2016年8月15日に、新たに1科、19種、4交雑種が特定外来生物に指定され、10月1日から飼育や譲渡等が制限されます。特定外来生物は、原則として趣味で飼育したり栽培したりできなくなりますが、以前から飼…

アカミミガメ生息環境の一例

ミシシッピアカミミガメ ( Trachemys scripta elegans ), 外来 撮影地:岐阜県南部 ( 2016. 8. ) この川はいつもこういうわけではないんですが、この時は泡だらけの水が流れ込んでいました。何が含まれているのかは分かりませんが。この状況で、写真の個体は…

多肉系外来種

近頃は、いわゆる多肉植物が流行っているらしく、多肉女子なる言葉もあったらしいです。しかし、多肉植物の中には、その生命力のために帰化植物として野外に定着しているものもいます。 サボテン科の一種, 外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 5. ) 多分、ウチ…

淡水ロブスター

アメリカザリガニ ( Procambarus clarkii Girard, 1852 ), 外来 エビマヨならぬ、ザリマヨ。結論から言えば、普通にうまいです。しかし、料理の写真って、写真のセンスだけでなく、料理のセンスまで露呈するので恥ずかしいですね・・・。付け合わせの野菜は…

オオキンケイギクの多様性

今回は、私が見つけたオオキンケイギク ( Coreopsis lanceolata ) の花のバリエーションを載せていきます。元々園芸植物として導入されただけあり、多種多様です。恐らく、複数の品種が互いに交雑していると思われるため、品種名までは特定していません。 う…

「オオキンケイギク」とされる植物の形態的特徴

かなり前ですが、うちの近所で見られる「オオキンケイギク」は、環境省の同定マニュアルに従うとオオキンケイギク ( Coreopsis lanceolata ) ではないかも、てなことを書きました。近所の「オオキンケイギク」は、地上茎の上の方まで葉が付いており、ホソバ…

雰囲気同定

茨城県の河川で採取したテナガエビ科の一種。以前に、これと同種と思われる個体を、スジエビではないと書いた気がしますが、肝上棘が無いことや額角の歯式から、スジエビ属 ( Palaemon sp. ) っぽいです。ちゃんと調べてから書かないとだめですね。

なんとか咲いた

オランダガラシ ( Nasturtium officinale ), 外来 採取地:岐阜県東部 自分で食べようと思って、採取した株を栽培してみました。蛍光灯で育てようとして何度も失敗していましたが、窓際に置いてみたら、なんとか生育しています。ですが、野外の株と比べると…

節足動物は人に馴れるか

茨城県産のテナガエビ類の一種。ピンセットから採食中。標本にするつもりで採取したものの、歩脚がほとんど欠けていたため、しばらく飼育している個体。飼育を始めた当初は、餌を与えても人が見ているとなかなか食べようとしませんでしたが、今は人がのぞき…

春の鱗

撮影地:愛知県西部 ( 2016. 4. ) 胴体を広げて、できる限りの春の陽光を集めようとしていました。この時期は、夏に比べるとまだ動きが鈍いため、近付きやすいです。 撮影地:愛知県西部 ( 2016. 4. ) 比較的鈍いとはいえ、やはり、こちらは撮影が大変です。…

温室育ちの雑草

ベニバナボロギク? ( Crassocephalum cf. crepidioides ), 外来 前にこちら(誰これ - Gardens for Aliens)で出した株が、開花しました。しかし、温室内で育ったせいか、茎や葉がひょろひょろしてます。まだ種子を確認していませんが、下記の文献以外にも…

第一号

うちのスミレ類で、今年最初に開花したのは、この株です。以前ここ ( 孤立スミレ - Gardens for Aliens ) で書いた、逸出疑惑の株の種子から発芽したものです。前はエイザンスミレ ( V. eizanensis ) としていましたが、葉や花の形、大きさから、ヒゴスミレ …

ちょっと期待してたのに

オオイヌノフグリ ( Veronica persica ), 外来 採取地:岐阜県東部. 前々回の記事で出した、ピンク花の株、採取して自宅で育てていたんですよ。上の写真が、正にその株。何か色が濃くなってきたなあと思って見てたら、すっかり標準的な色になりましたよ・・…

Crystallized Silver

ナガバノスミレサイシン(多分)の自生地を見に行ったんですが、まだ早すぎたらしく、芽すら見つけられませんでした・・・まあ、うちで育てている株もまだ全然動きが無いしなあ。というわけで、こちらを撮影してきました。 オウレン ( Coptis japonica ) で…

桃唐草

オオイヌノフグリ ( Veronica persica ), 外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2016. 3. ) 花弁がピンク色の株。うちの近所では、下の写真のように、どちらかといえば紫色の株が多いんですが、ここまではっきりピンク色をしたものは初めて見ました。 うちの周りでよく…

くらげ

アメリカスミレサイシン ( Viola sororia ' Snow Princess ' ), 外来 採取地:岐阜県東部 植え替えついでに、地下部を撮影してみました。クラゲみたいですね~。地上部の葉等は枯れていたので、刈ってあります。 これで一つの地下茎です。地表面に沿って横に…

誰これ

購入した洋ランに付いてきた植物。温室雑草かと思って買ってみたんですが、どこにでも生えてる植物だったら悲しいですね。初めは小さく、ひょろひょろでしたが、ライトにガンガン当ててたら、日に日に大型化してきました。 蕾ができたので、せめて科レベルま…

群。

そこで、イエスが、「名は何というのか」とお尋ねになると、「名はレギオン。大勢だから」と言った。 マルコによる福音書 第5章9節 ( 新共同訳 ) ヨコヅナサシガメ ( Agriosphodrus dohrni ), 外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2016. 2. ) 特撮オタクの間では有名…

再生への一歩

ミチタネツケバナ ( Cardamine hirsuta ), 外来 種子から発芽させた株をベランダで育てていたら、アブラムシによってほとんど枯れてしまいました。小さな実生にとっては、アブラムシが付くのは致命的なようです・・・。ベランダと野生の環境は違うかもしれな…

ついつい

ハンミョウを見ると、追いかけまわしてしまう・・・ 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 5.) これは、翅の模様から、コニワハンミョウでしょうか・・・?同じ場所にニワハンミョウっぽい個体もいたので、あまり自信がありませんが。 こちらは、交尾中。 交尾中はす…

試行錯誤

やりたいことがいくつかあるため、いろいろ、こそこそとやってました。その内の一つが、自分が集めた株の系統維持方法の確立です。今のところ、優先的に目指すポイントとして、 ・アブラムシ類やダニ類等の影響を受けない ・他種や多系統と交雑しない ・種子…

白クロつかない

トチカガミ科の一種 岐阜県の河川で採取した株。生長の悪いオオカナダモ ( Egeria densa ) だと思って採ってきたんですが、殖芽らしきものを付けたので、在来種のクロモ ( Hydrilla verticillata ) なんじゃないかと思えてきました。よく見ると、輪生する葉…

ひねり出す

冬は新しい写真を撮りづらいので、去年撮った写真の中からひねり出していこうと思います。 Rhinogobius sp. 国内移入? 撮影地:茨城県南部 ( 2015. 3. ) フラッシュ有 今回は、夜の水中撮影時の照明について。写真には全く詳しくないので、フラッシュ有無の…

元祖

以前にも言及したんですが、最近は一部界隈でいくつかの熱帯植物ブームがきているようです。Begonia 属も、そんな中でよく見るグループの一つですね~ Begonia 属植物は、昔から観賞用に栽培されていたらしく、おそらく日本人にとって元祖ベゴニアといえば、…

古参のBidens

センダングサ ( Bidens biternata Merr. et Sheff ), 外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 9. ) 図鑑によっては在来種として扱われていることもありますが、古い時代(いつなのか知りませんが)に帰化したと考えられています。扱いが違うのは、それぞれの「外来…

季節的な体型の変化?

クサガメ ( Mauremys reevesii ), 外来? 採取地:岐阜県東部 うちの個体は、9月頃から食欲が落ち始めています。それと共に、(餌の内容や頻度は変わらないにも関わらず)肉がだぶつき、甲羅の隙間からはみ出るようになります。頸や肢を引っ込めた時に顕著で…

我流ヒバカリ水槽レイアウト

" れいあうと " などというお上品なものではありませんが、飼育環境の一例ということで、載せておきます。 ・・・汚い。 なぜ汚いかと言えば、ちょうど掃除前の状態だからです。まあ、それを差し引いても、観賞用にはならないセッティングですね~ 45 cm × 3…

小さくてもたくましい

オオキバナカタバミ ( Oxalis pes-caprae ), 外来 採取地:愛知県西部 先日、ベニカタバミ ( O. brasiliensis ) の鉢に混入していたのが発覚しましたが、土を一時的に溜めておいたバケツ(以前にも書いたんですが、使用済みの土も再利用するので、保管してま…

ブームになんて、ならなくていい

何やら、近年は一部の界隈で、Aglaonema のような斑入りの植物が流行っており、法外な値段で取引された株もあるとか、ないとか・・・私は熱帯の観葉植物等も好きなんですが、Aglaonema 等を巡る動向には疎いので、詳しいことは知りませんが。 よく探すと、日…

したたか

オオキバナカタバミ ( Oxalis pes-caprae ), 外来 採取地:愛知県西部 夏の間、地上部を枯らしていましたが、最近、新芽を展開しました。ちょっと掘り返してみても鱗茎が見つからなかったので、完全に死に絶えたかと思いましたが、いったいどこに隠れていた…

モウセンゴケの花

花の変異繋がりで、在来種ですが、ついでにこの方々も。 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 7. ) だいぶ前に、ここで花を見たいと書いた気がしますが、やっとタイミングが合って花を見れました。多分、モウセンゴケ ( Drosera rotundifolia ) です。 ここの群落は…

花占いの悪魔

イモカタバミ ( Oxalis articulata ), 外来 採取地:茨城県南部 カタバミ科の花は普通5弁花なので、花占いをすれば、必ず「好き」で終わります。しかし、我々は気を付けなければなりません。写真のように、まれに6枚の花弁を持った花が出現することに・・・ …

わりとどこにでもいる

近年、アクアリウム界隈で盛んに栽培されるようになった、通称 ' リシア ' 。上の株は、岐阜県南部の河川で漂流物に引っかかっていたもの。 こちらは茨城県南部、稲刈り後の水田にて。私個人の経験では、カヅノゴケ類 ( Riccia fluitans complex ) は、平地…

花の終わりと命の始まり

Coreopsis × ? この類は、今年もそろそろ花期が終わりですね。うちの株も根生葉が茂り、休眠体制に入りつつあります。念のため書くと、上の株は園芸店で購入したもので、オオキンケイギク ( C. lanceolata ) ではありません(根生葉だけ見ると、すっごい似て…

野生のアカミミガメ

ミシシッピアカミミガメ ( Trachemys scripta elegans ) 撮影地:岐阜県南部 ( 2015.8. ) 矢印の先。この川では、かなりの密度で生息していたんですが、すぐに潜ってしまうため、こんなサイズでしか撮影できず・・・まあ、待っていればまた浮上してくるんで…

非常食

ヒバカリ ( Amphiesma vibakari ), 国内移入(三宅島等) 写真の個体の産地:茨城県南部 ヒバカリの写真はなぜかいつも暗くなってしまう・・・暗くて分かりにくいですが、食べているのは、冷凍ワカサギ(カメの餌入り)です。業務用の物を購入したんですが、…

悪食娘

ミシシッピアカミミガメ ( Trachemys scripta elegans ), 生態系被害防止外来 産地:岐阜県東部 この個体は、野菜、果物等はもちろんのこと、あらゆる植物を食べます。自分で与えた限りでは、上の写真のようにツユクサやオオバコ、シロザ、硬そうなカヤツリ…

植え替え

左:C-1 ( Cardamine sp. ホームセンター産 ) 右:C-2 ( Cardamine sp. 愛知県西部産 ) この2系統は順調に育っているため、間引きを兼ねて植え替えました。 それぞれ10株ずつ選抜し、新しいポットに5株ずつ植えました。ほとんど同じ環境で生育していると思う…

ネットこわい

最近、アクセス解析してみたら、このブログに訪れる方の半分以上がヒバカリについての記事にアクセスしているようでした。ヒバカリの記事なんて、全体の数パーセント程しかないのに・・・ 不思議に思って、試しに「ヒバカリ 飼育」で Google 検索したところ…

Type - Wild !

ヘビは大抵、脱皮直後は鱗がつやつやになり、美しい姿になります。脱皮を終えたうちのボールパイソンも御多分に漏れず鱗につやが出て、太陽光の下では、黒っぽい部分にカラスの濡羽色みたいな光沢が出ています。 うちの個体は U.S.A. 生まれのC.B.ですが、「…

反魂草 -参分咲-

オオハンゴンソウ ( Rudbeckia laciniata L. ), 特定外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 7. ) 撮影地では、他の園芸植物と一緒に生えていたため、人為的に植えられたもののようでした。植物の概観が分かるように、丈の低い株を撮影していますが、高さが2 m 近…

「雑草」の一生をまじめに観察してみんとす

Cardamine spp. (下列の左右端は Arabidopsis thaliana ) あちこちからCardamine spp. の種子を集めていて保存していたんですが(保存期間の長いもので2か月くらいかな?)、先日、それらを同時に蒔いてみました。すると、播種後1週間で、さっそく2系統が…