Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

Brassicaceae

春を感じる

シロイヌナズナ ( Arabidopsis thaliana ), 外来? 昨年発芽した株。冬の間は直径1 cm 程度のロゼットでしたが、いつのまにか葉っぱも増えて、大きくなっていました。屋内で、ペットボトルに隔離して栽培していますが、ちゃんと季節の変化を感じ取っているの…

なんとか咲いた

オランダガラシ ( Nasturtium officinale ), 外来 採取地:岐阜県東部 自分で食べようと思って、採取した株を栽培してみました。蛍光灯で育てようとして何度も失敗していましたが、窓際に置いてみたら、なんとか生育しています。ですが、野外の株と比べると…

再生への一歩

ミチタネツケバナ ( Cardamine hirsuta ), 外来 種子から発芽させた株をベランダで育てていたら、アブラムシによってほとんど枯れてしまいました。小さな実生にとっては、アブラムシが付くのは致命的なようです・・・。ベランダと野生の環境は違うかもしれな…

試行錯誤

やりたいことがいくつかあるため、いろいろ、こそこそとやってました。その内の一つが、自分が集めた株の系統維持方法の確立です。今のところ、優先的に目指すポイントとして、 ・アブラムシ類やダニ類等の影響を受けない ・他種や多系統と交雑しない ・種子…

植え替え

左:C-1 ( Cardamine sp. ホームセンター産 ) 右:C-2 ( Cardamine sp. 愛知県西部産 ) この2系統は順調に育っているため、間引きを兼ねて植え替えました。 それぞれ10株ずつ選抜し、新しいポットに5株ずつ植えました。ほとんど同じ環境で生育していると思う…

「雑草」の一生をまじめに観察してみんとす

Cardamine spp. (下列の左右端は Arabidopsis thaliana ) あちこちからCardamine spp. の種子を集めていて保存していたんですが(保存期間の長いもので2か月くらいかな?)、先日、それらを同時に蒔いてみました。すると、播種後1週間で、さっそく2系統が…

シンデレラ

シロイヌナズナ ( Arabidopsis thaliana ( L. ) Heynh. ), 外来?(在来の系統もあるらしい) 産地:愛知県西部 元は誰にも顧みられることのなかった小さな雑草でしたが、天性の素質と運により世界的なスターダムへのし上がった、正に植物界のシンデレラ。近…

かるだみねーず

タネツケバナ ( Cardamine flexuosa auct. non With. ), 史前帰化 産地:岐阜県東部 2月に水田脇から採取した株。形態的特徴、採取地から、タネツケバナとして間違いないと思われます。 2月に林道脇から採取した株。採取したときはまだロゼットで、タネツケ…

不安定な雄しべ

ミチタネツケバナ ( Cardamine hirsuta ), 外来 産地:岐阜県東部 栽培してみました。株によってはボリュームがあり、花序をたくさん付けるものもあります。ミチタネツケバナは、雄しべの数が4~6本と変動するので、上の株で、雄しべを数えてみました。 雄し…

愛知のタネツケバナ類

タネツケバナ ( Cardamine flexuosa auct. non With. ), 史前帰化 撮影地:愛知県西部 ( 2015. 1. ) 冬に咲くタネツケバナ。岐阜県山間部の雪が積もるような場所では、さすがに真冬で開花している株は見つかりませんでしたが、愛知県の平野部では、花を付け…

タネツケバナ類の開花

ミチタネツケバナ ( Cardamine hirsuta ), 外来 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 2. ) うちの辺りでは、今年は2月の中旬くらいに開花が確認されました。 タネツケバナ ( Cardamine flexuosa auct. non With. ), 史前帰化 撮影地:岐阜県東部 ( 2015. 2. ) 花を付…

落ち葉の陰で

多分ミチタネツケバナ ( Cardamine cf. hirsuta ), 外来 2014. 12. 岐阜県東部. ロゼット状態だと背が低いため、落ち葉や枯れ枝に覆われてしまう株もあります。光が遮られるという点では不利益な気がしますが、冬季の雪等から守られるという利点もあるかもし…

ムラサキタネツケバナ

多分タネツケバナ ( C. cf. flexuosa ), 史前帰化 2014. 11. 岐阜県南部. 冬の装いのタネツケバナ。この季節にタネツケバナをまじまじと見たことはありませんでしたが、株によっては、きれいな紫色になるんですね~。写真の中央にもちっちゃく写っていますが…

次の春に

ミチタネツケバナ? ( Cardamine cf. hirsuta ), 外来, 2014. 8. 岐阜県東部 この状態で種レベルの同定は厳しいですが、春にこの場所で咲いていたのは、ほとんどがミチタネツケバナだったため、この実生も同種だと思われます。この時期に発芽した株が花を付…

帰化植物を見つけやすい場所

帰化植物は意図的にしろ非意図的にしろ、人間の活動により広がっていくので、見つけやすい場所と言えば人家付近や道路沿いです。特に人家付近は園芸植物がよく逸出しているので、多くの種類を見つけやすくて楽しいです。そして帰化植物を探すようになって気…

It's a small world

野外でタネツケバナやオオバタネツケバナの写真を撮っていたら、花の裏にクモが隠れていることがよくありました。 (2014.4. 岐阜県東部) 人間には気にもされないような小さな花ですが、餌となる虫はけっこう訪れるのかもしれません。この半径1 cm 程度の世…

Cardamine 3種比較 4

まだ続く比較シリーズ。今回は生息環境の比較です。 田んぼ ← | → 土手 上の写真は田んぼと土手の境界付近を撮ったものです ( なんかもう1か月くらい前の写真ですが ) 。左側が田んぼで右側が土手です。左側の丸で囲ったとこがタネツケバナ ( C. flexuosa ) …

Cardamine 3種比較 3

今回は茎の比較です。 まあ絵としても地味すぎて誰も興味ないと思いますが・・・ タネツケバナ ( Cardamine flexuosa ) 分かりやすいほど毛が生えています。茎の下部は赤っぽくなる傾向があります。 ミチタネツケバナ ( C. hirsuta ) は、ほぼ無毛です。 こ…

くれそん!

タネツケバナの比較が長々続いたので、久しぶりに別の外来生物の話題です。 が、またアブラナ科です。 オランダガラシ ( Nasturtium officinale R. Brown ) 2014. 4. 岐阜県東部 別名クレソン。ヨーロッパ原産で、世界各地で野生化しているにもかかわらず、…

Cardamine 3種比較 2

今回は Cardamine 属3種の花の比較です。 タネツケバナ ( Cardamine flexuosa ) の花です。横の定規は1目盛りが1 mm です。雄しべが6本あります。花弁は4枚ですが、上の写真では2枚切除してあります。 こちらがミチタネツケバナ ( C. hirsuta ) の花です。雄…

Cardamine 3種比較 1

左から、タネツケバナ ( Cardamine flexuosa )、ミチタネツケバナ ( C. hirsuta )、オオバタネツケバナ ( C. scutata ) です。いずれも岐阜県東部産です。比較のために、分かりやすい株を並べています。今回は、3種の葉の比較です。 まずは根生葉から。読ん…

Cardamine 3種目

オオバタネツケバナ ( Cardamine scutata Thunberg ) 2014. 4. 岐阜県東部 毎度分かりにくい写真ですが、真ん中に生えているやつです。この種には今のところ外来種疑惑はないです。 上から見るとこんな感じ。先に紹介した2種に比べ、全体的に大型です。 オオ…

Cardamine 2種類目

ミチタネツケバナ ( Cardamine hirsuta Linnaeus ) 2014. 4. 岐阜県東部 写真のピントあってないけど白い花つけてるやつです。 自分の中では「葉っぱが少なくて、つんって立ってるのがミチタネツケバナだ!」とか勝手に思ってました。でもここではあまりてき…

Cardamine 3種

タネツケバナ ( Cardamine flexuosa auct. non Withering ) 2014.4. 岐阜県東部 あまり外来種として扱われないですが(少なくともうちにある「日本帰化植物写真図鑑」、「野に咲く花」、「形とくらしの雑草図鑑」ではそう扱われてない)、前川 ( 1943 ) によ…