読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

帰化植物を見つけやすい場所

Brassicaceae

 帰化植物は意図的にしろ非意図的にしろ、人間の活動により広がっていくので、見つけやすい場所と言えば人家付近や道路沿いです。特に人家付近は園芸植物がよく逸出しているので、多くの種類を見つけやすくて楽しいです。そして帰化植物を探すようになって気付いたのが、河原です。

f:id:sauerklee:20140506124146j:plain

オランダガラシN. officinale ), 要注意外来, 2014. 5. 岐阜県東部

結構前に撮った写真なので、花があまり開いていません・・・

 

f:id:sauerklee:20140506124650j:plain

 在来種のオオバタネツケバナC. scutata ) も同所的に生えています。この写真ではオランダガラシと簡単に見分けられそうですが、生育段階や環境によっては、ぱっと見似ていることがあります。

 

f:id:sauerklee:20140506124228j:plain

ワスレナグサMyosotis scorpioides Linnaeus ), 外来, 2014. 5. 岐阜県東部

こちらもオランダガラシと同じ場所に生えています。

f:id:sauerklee:20140506125018j:plain

オランダガラシワスレナグサの生育環境。

 

f:id:sauerklee:20140506124014j:plain

ヤグルマギクCentaurea cyanus Linnaeus ), 外来, 2014. 5. 岐阜県東部

 ヤグルマギクは空き地や道路沿い等の乾いた場所でもよく見られますが、河原でも見つかりました。

 

 今回載せた種類以外にも帰化植物がたくさん見つかりました。増水等による攪乱があるから帰化植物が侵入しやすいんでしょうか。

 

参考文献

清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七, 2011, 日本帰化植物写真図鑑 第6刷, 全国農村教育協会.

環境省, " 要注意外来生物に係る情報及び注意事項 " , 外来生物法,https://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/caution/detail_sho.pdf , 参照 2014 - 5 - 29.