Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

もう1匹のカメ

f:id:sauerklee:20140621120046j:plain

クサガメMauremys reevesii Gray, 1831 ), 外来, 岐阜県東部産

 属名が Mauremys だったり Chinemys だったりで落ち着かないですが、とりあえず The Reptile Database に従ってます。系統についてはよく調べていないので、どっちが信憑性ありそうなのか、私は分かりません。

 従来、在来種だと考えられていましたが、信頼できる化石記録が無いこと、江戸時代の本草書の記述等から、江戸時代頃に大陸から持ち込まれた外来生物の可能性が強く、国環研の侵入生物DBにも載せられています。

 写真の個体は、アカミミガメの時とは別の人が、「見たこともないカメを捕まえた、外来種だ」と言っていたのを引き取ったものです。いや、まあ確かに外来種(疑惑)ではあるんですが・・・岐阜の山間部ってクサガメは珍しいんですかね?

 昨年の秋から飼い始めたんですが、結構臆病な性格のようで、今年の5月まで餌を食べるのを確認できませんでした。ちなみに、アカミミガメは飼い始めて数日で、ピンセットから餌を食べました。これが個体による違いなのか、種としての性質の違いなのかは分かりません。しかし、冬眠を挟んでいるとはいえ、結構長い絶食にも耐えるんですね(もっとも、水面に落ちた虫とかを食べていた可能性も考えられるので、本当に何も食べていないという保証はありませんが)。

 

f:id:sauerklee:20140621120711j:plain

 撮影のためにケージから出したら甲羅の中に引きこもってしまいましたが、しばらく待っていたら顔を出し、とてとてと逃げ出しました。カメは一般的にのろいイメージですが、本気でダッシュすると意外に速いので、外に出す際は目を離さないようにしたほうがいいですね。外国の種類が逃げ出して帰化する恐れももちろんですが、アパートやマンションの場合、ベランダから落ちてカメが怪我をするという事故もよくあるそうです。特定外来種を飼っていたのがばれた方もいましたしね・・・

 

参考文献

疋田 努・鈴木 大, 2010, 江戸本草書から推定される日本産クサガメの移入, 爬虫両棲類学会報 2010(1): 41 - 46.

(独)国立環境研究所, " クサガメ ", 侵入生物データベース ,  http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/30030.html , 参照: 2014 - 7 - 23.

Uetz P. & Jirí Hošek ( eds. ), The Reptile Database, http://www.reptile-database.org , 参照 2014 - 7 - 23.