読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

イモカタバミの花

f:id:sauerklee:20140823100426j:plain

イモカタバミOxalis articulata ), 外来, 茨城県南部産, 2014. 8.

 f:id:sauerklee:20140601155537j:plain

イモカタバミO. articulata ), 外来, 2014. 6. 岐阜県東部.

 

f:id:sauerklee:20140504155533j:plain

ムラサキカタバミO. corymbosa ), 要注意外来, 2014. 5. 愛知県西部.

 ムラサキカタバミは、イモに比べて、花の中心部の緑色が分かりやすいです。葯の色も、イモは濃い黄色をしていますが、ムラサキは白っぽいです。

 

f:id:sauerklee:20140823101541j:plain

 清水・他 ( 2011 ) では、イモカタバミの花茎が無毛である点でハナカタバミ ( O. bowieana ) と区別できると書かれていますが、この茨城県産の株は毛が生えていますね・・・もしかしてこっちの同定が間違ってるのか?確かにハナカタバミはもっと毛が密生しているので、見分けられますが。そのうちハナカタバミが手に入ったら、この辺の比較画像も出したいですね~。

 

参考文献

清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七, 2011, 日本帰化植物写真図鑑 第6刷, pp.154-156, 全国農村教育協会.