読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

Life finds a way.

Poaceae

f:id:sauerklee:20141119144848j:plain

イネ ( Oryza sativa L. )

2014. 11. 岐阜県南部. 稲刈り後の田んぼの側溝.

 こぼれた種子から発芽したものでしょうか。写真の株が該当するかは分かりませんが、" 雑草イネ " っていうのがあるそうです。雑草イネは、交雑等により " 雑草 " としての性質を獲得したイネで、栽培されているイネに混じって水田内で勝手に生育、繁殖をします。

 何千年もの間人類に栽培され続けた植物でさえ、いまだに完全にはコントロールされず、独自に進化を続けているっていうのは、なんというか、すごいですね。こう、雑草を称賛することを書くと、農家の皆さんに怒られそうですが・・・

 生物は人間が思っているほど、人間に対して従順ではないし、それは改良品種のような、人間に都合のいいようにデザインされた(はずの)生物も同様だということですね。・・・なんかうまく表現できませんが、まあ言いたいのは、生物を管理するのは難しいということです。

 ちなみに、タイトルは、映画「ジュラシックパーク」に出てくるセリフです。子供の頃に見た吹き替え版では、「生物は自ら道を見つけ出す」みたいな訳だったと記憶していますが、私は初めてこの映画を見て以来、このセリフが大層お気に入りです。

 

参考文献

渡邊寛明, 2012, " 雑草イネの特徴とまん延防止~収穫した米に赤米が!!見つけたら徹底的に取り除く!!~ ", 全国農業協同組合連合会, http://www.agri.zennoh.or.jp/topics/PDF/Gr522_03%E9%98%B2%E9%99%A4%E6%8A%80%E8%A1%93.pdf , 参照 2014-12-2.