Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

屋内日光浴

f:id:sauerklee:20150620104830j:plain

アオダイショウ ( Elaphe climacophora ), 国内移入(八丈島)

写真の個体の産地:茨城県南部

 爬虫類用ライトに当たるアオダイショウ。一応、爬虫類飼育に馴染みない方のために簡単に書くと、爬虫類は生育のために日光に含まれる紫外線を必要とする種が多く、太陽光のスペクトルを模したライトが市販されています。

 一般的に、ヘビの飼育の場合、このような紫外線は必要ないと言われています。実際、私が飼育したことのある種については、紫外線が必要だと感じたことはありません。ただし、ヘビでも、野外で日光浴のような行動をとる種の場合は、飼育下でも写真のように、照明の真下に留まっていることがあります。

 ヘビを飼っている方、たまには飼育個体にライトを当ててみてはどうでしょう。種類や個体によっては嫌がって隠れてしまうこともある(うちのだと、ヒバカリやジムグリ)ので、様子を見つつ試したほうがいいですが、普段と違う姿が見られるかもしれません。