読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

したたか

Oxalidaceae

f:id:sauerklee:20151017160306j:plain

オオキバナカタバミOxalis pes-caprae ), 外来

採取地:愛知県西部

 夏の間、地上部を枯らしていましたが、最近、新芽を展開しました。ちょっと掘り返してみても鱗茎が見つからなかったので、完全に死に絶えたかと思いましたが、いったいどこに隠れていたんだ・・・

 

f:id:sauerklee:20151017160439j:plain

So tiny !!

鱗茎が見つからなかったのも、小さかったからでしょうか。小さくても、葉に斑点があることで、カタバミ ( O. corniculata ) やオッタチカタバミ ( O. dillenii ) 等と区別できます。

 

f:id:sauerklee:20151018082034j:plain

 なぜか、O. brasiliensis の鉢からも生えてきました。オオキバナカタバミは、日本で種子繁殖した例というのは寡聞にしてあまり聞きませんし、そもそもうちでは花を付けたことが無いので、種子が飛んだわけではないと思います。となると、鱗茎が紛れ込んだんでしょうが、まったく心当たりがありません。いつの間に、どうやって移動したんでしょうか。もっと扱いに気を付けなきゃいけませんね・・・