読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

オオキンケイギクの多様性

 今回は、私が見つけたオオキンケイギク ( Coreopsis lanceolata ) の花のバリエーションを載せていきます。元々園芸植物として導入されただけあり、多種多様です。恐らく、複数の品種が互いに交雑していると思われるため、品種名までは特定していません。

 

f:id:sauerklee:20160606215829j:plain

うちの近所では最もよく見るタイプ。

 

f:id:sauerklee:20160606215842j:plain

舌状花が細くなるタイプ。

 

f:id:sauerklee:20160606215904j:plain

f:id:sauerklee:20160606215923j:plain

舌状花が多くなるタイプ。舌状花の数や形も様々です。

 

f:id:sauerklee:20160606215957j:plain

f:id:sauerklee:20160606220020j:plain

舌状花の端が丸っこいタイプ。これだけで雰囲気が変わって、別の分類群のようです。マリーゴールドBidens 属の園芸種等に見えなくもない。葉を見れば違うことがすぐに分かりますが。

 

f:id:sauerklee:20160606220122j:plain

舌状花の基部が赤褐色になるタイプ。同属他種にも同様な特徴を持つものがいるので、この特徴だけで同定しない方がいいです。

 

f:id:sauerklee:20160606220208j:plain

舌状花が " 管状 " 花になっているタイプ。

 

f:id:sauerklee:20160606220138j:plain

1つの花柄の先端に頭状花が2つ付いています。まれに見つかりますが、これもこういう品種なんでしょうか?海外の園芸サイトを巡ってみましたが、よく分かりませんでした。

 

 やはり目立つ部分が品種改良の対象になりやすいのか、舌状花の変異が大きいですね。実際には、これらの形質が複合的に発現していたり、発現の程度も様々なので、株ごとに個性があります。変わった株を探してみるのも面白いかもしれません。一方で、これだけ多様性があると、花だけで種を同定するのは難しいと思えます。