Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

典型的

f:id:sauerklee:20170413225431j:plain

撮影地:岐阜県東部 ( 2017. 4. )

 花の色が濃く、中心の白が目立つ、植物体に微毛がある、匂いがある等、「典型的なニオイタチツボスミレViola obtusa ) 」の特徴がある株。スミレ類は似たような種が多い上に、形質の多様性が高いため、こういう分かりやすい株は良いですね。安心してネットで公開できます。

 

 ついでなので、ニオイタチツボスミレっぽいけど断定しにくかった株達をいくつか載せておきます。

タイプその1

f:id:sauerklee:20170416221155j:plain

f:id:sauerklee:20170416221205j:plain

撮影地:岐阜県東部 ( 2017. 4. )

 

f:id:sauerklee:20170416221012j:plain

f:id:sauerklee:20170416221032j:plain

撮影地:愛知県西部 ( 2016. 4. )

 上の2つの集団はどちらも、花の形はニオイタチツボスミレらしく、芳香もあり、タチツボスミレ ( V. grypoceras ) より葉が長くなります。しかし、「典型的なニオイタチツボスミレ」と比べて花弁の色が薄く、花柄等に毛がありません。毛が無いのはナガバノタチツボスミレV. ovato-oblonga ) の特徴でもありますが・・・

 後に、確実にV. ovato-oblonga だろうという株(下の写真)を見つけたので、比較してみると・・・

f:id:sauerklee:20170423203410j:plain

明らかに別物な気がします。

 

タイプその2

f:id:sauerklee:20170416220758j:plain

f:id:sauerklee:20170416220819j:plain

撮影地:岐阜県東部 ( 2017. 4. )

 全体的に毛が生え、葉はタチツボスミレより細く、花の色が濃く芳香があります。しかし、花弁があまり重ならないため、花の形はタチツボスミレ的です。この集団の顕著な特徴は、距が緑がかった白色であることです。花弁の色とコントラストになって、この部分が特に目立ちます。オオタチツボスミレ ( V. kusanoana ) も距が白いらしいですが、葉の形等が異なります。この集団のすぐ近くでは「典型的ニオイタチツボスミレ」も多く見られ、2つの集団の生息地点がオーバーラップしている場所もありました。

 

おまけ

f:id:sauerklee:20170416235248j:plain

 上に載せた「距が白いスミレ」を撮影していたら、ヤマカガシを見つけました。小さくて分かりにくいですが、手前2株のスミレ類の上側に頭が写っています。

f:id:sauerklee:20170416235303j:plain

 全長60 cm 程度の、まだ若い個体でした。警戒されていたので、あまり近付かせてもらえず、目いっぱいズームでもこの程度です・・・

 ヤマカガシも色や模様の個体差が大きいですが、これは割と「典型的な」個体でしょう。この地域では、このタイプが多いですが、赤色が目立たない個体も見たことがあります。

 余談ですが、この場所では、ヤマカガシだけでなくマムシも見つかります。野外で生物を撮影するときは、目当ての種類だけでなく、危険な生物にも気を払わなければいけませんね~