Gardens for Aliens

嫌われ者のフィロソフィ

水草展行ってきた

 科博の筑波実験植物園で開催中の、水草展2017に行ってきました!

f:id:sauerklee:20170812231053j:plain

f:id:sauerklee:20170812231105j:plain

なかなかお目にかかれない超希少な水草や、

 

f:id:sauerklee:20170812231124j:plain

f:id:sauerklee:20170813110220j:plain

現在は栽培が禁止されている特定外来生物等を間近で見られる、貴重な経験をしました。欲を言えば、シャジクモ類等の大型藻類も扱ってほしかったですが、そこまで含めるとさすがにマイナーすぎるか・・・。あの辺も絶滅危惧種が多いんですよね。

 会場の展示によれば、日本の水草の約40%は絶滅が危惧されているそうです。一方で、特定外来生物に指定されている植物13種のうち9種が水草です。減っているのも水草、増えているのも水草。問題なのは、前者が在来、後者が外来生物ということですね。

 

 会場では、某A〇Aみたいなレイアウト水槽も展示されていて、きれいで癒されます。個人的に、ああいうのはあまり興味は無いですが、そこから「水草ってきれい!」と水草の事が好きになる人が増えれば、一水草好きとしては嬉しいです。

 私はどちらかというと、水草の生息環境を再現した水槽が好きで、特にこの水田水槽。

f:id:sauerklee:20170812232019j:plain

この再現度、すごすぎ。本当に田んぼの一部を切り取ってきたみたいです。私も水田で採取した植物をいくつか育てていますが、こういうのも作ってみたいです。実際の野外では、ここまで水草が豊富な水田は滅多に無いのが寂しいですね。

 

 帰りに、水草展オリジナルのバイカモトートバッグを買っちゃいました。

f:id:sauerklee:20170812231231j:plain

生のバイカモと一緒に ( 岐阜県内にて )。

これはいいバッグカモ~。

 

f:id:sauerklee:20170812231253j:plain

 在来水草と外来水草の関係について、水草展でも展示がありましたが、このバイカモ生息地でも、オランダガラシが一緒に生えていました。

 

 水草展2017は、8月20日まで筑波実験植物園で開催しているそうです。こういった企画で水草に興味を持つ人が増えて、身の回りの水草達の現状を考えるきっかけになればいいなと思います。